スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

twitter_lg.png

周平の「3分で出来るグロウル講座」 その3:高域で歌う



どうも、周平です。

さて今回は高域の出し方です。
今回はちょっと悩みました。コツさえわかれば簡単なんですが、そのコツを伝えるのが非常に難しい…。

高域は一般的にスクリーム、スクリーチと呼ばれますが、
その言葉が表すようにこれぞ「叫び」という出し方をします。

つまりは、思いっきり絶叫すりゃいいんだよ!

ということなのですが、そこで講座終了となるとフザケンナーとなるので
もう少し詳しく説明いたしやす。

低域との大きな違いはまさにそこで、ポイントはとにかく力を込めてギャーッと
叫ぶことにつきます。

ただ、単純に適当に叫ぶだけでは、もちろん歌唱の範囲に入って来ませんので、
「いかにもスクリーム」って感じのをなるべく出せるようにご教授したいと思いますです。

今回も、当然ながら地声の発声を基礎とします。まずはそのサンプルをきいてください。



・まず楽に、「エー」と発声しています。この際、遠くの人にオーイと声をかけるような、響きの良さを意識してください。
・鼻から抜けるように、喉で声量を稼ごうとせずに、あくび声のような喉の開きで発声します。
・その次に、普段の声から「エー」につなげた声です。
・そして、「エー」から喉をがならせていく流れです。

はい、この「喉のがならせ」ってなんだよ!ホワッツ!
という方がきっといらっしゃるでしょう。かなり…たくさん…。

よく間違いとしてやりがちなのが、「咳払いのがなり」です。これでやると、前回のゴリラ声になります。
風邪ひいたときにいっぱい咳払いして、喉が痛くなりますよね。つまりよくない発声です。
喉に負担をかけないようにがならせるには、深く肺から息を出すようにします。
喉仏はキュッと上に上げて、バイブさせるように意識し、息は肺が震えるように出す。

どういうこっちゃねん。
はい、ここが伝えるのが難しいところですね…
そこで、ちょっと話し言葉で再現してみました。徐々に力を込めていきます。



こんな感じで、「はぁ~疲れた~」っていうときに出ちゃう重いため息のような声。
これをまず意識してみてください。
(何もこの通りに喋らないとダメってわけじゃないですよw)

このサンプルの「はっはっは~」のとこくらいまで出来れば、かなりそれっぽく聞こえると思います。

また、もっと簡単な方法があります。
ささやき声から喉をギュッと縮めていってディストーションをかける方法です。
これは実際、歌ってみたでシャウトを実践しようとしてる人に非常に多く見られる方法ですが、
残念ながらこれはオススメできません。
確かに簡単で即席性がありますが、声量や声の質量など、圧倒的にスクリームと呼ぶには足りません。
でもどうしてもできない、今すぐスクリームっぽいことしたい!という人にはここから入って気分を味わうのも
アリかもしれません。一応サンプル貼っておきます。



とりあえず今回はこんな感じです。
まだまだみなさんの疑問を解消出来てないかもしれませんけど、気長に解消していく予定です。
よろしゅうたのんます。

それでは有難うございました。

NEXT:「高域を更に極める!」

アデュー

twitter_lg.png

| TOP |


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。