スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

twitter_lg.png

嘘憑≦Simulation を 歌ってみた by 周平



こんばんは、周平です。

今回はやいり先生の「嘘憑≦Simulation」を歌わせて頂きました。
さてさて動画の説明文にも記載しましたが、僕は一つやりたかったことが出来ました!

自分が担当した本家ボカロ動画で歌ってみたをやる!
これが結構前からしたかったんで念願かなって嬉しいです。

しかも楽曲は自分の得意としている疾走感のあるロックということで、
本当にチャンスを与えていたけました。
(別に僕のこの願望のために用意されたボカロ曲であり動画である、ということではないですよ!)

本当にやいりんとYAMAHAさんに深く深く感謝してます。
とても楽しめました、有意義でした。

さてそして、間奏には毎度おなじみのアレンジパートを追加しております。

今回もFairytale,に引き続きベルギーのお友達、アンバさんに翻訳してもらいました。
本当にありがとう!!
僕が書いた日本語詞をどう変化させて翻訳してもらったかもあわせてお楽しみくだしあ!


----------------------------------------

Show me proof of who you are
<君が君である証拠を見せてくれ>

This place where I lost my way before,
I'll go search for the honest truth
<迷い込んだ場所で僕は真実を探しに行く>

NOISE,
FILLING MY EARS TO THE BRIM
<僕の耳の近くでうるさいノイズ>

truth ,lies , which way,
<嘘か本当か?>

What shape will it take today?
<君はその正体を知っている?>

Keep roaming on so I'll find my escape
from this screwed up
place that I'm trapped in
<出口は見つからない、永遠にさまよい続ける>

no further, stop
<それ以上は危ない>

STOP,
No one can hear,here what we're screaming for
<とまれ!もう誰にも知られることはない>

Found you hide in the dark
<路地裏で身を隠す君を見た>

day by day lies
simulate,blinded eyes
<僕はずっとここで嘘のふりを繰り返している>


----------------------------------------


ということで
アデュー

twitter_lg.png

| TOP |


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。