スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

twitter_lg.png

【超初心者向け】 廻音シュウをとりあえず歌わせてみようのコーナー

どうも、周平です。



みなさん、廻音シュウをダウンロードしてくれましたか~!

ここでは、



「うん…ダウンロードはしたよ、したんだ………。
確かにしたッ!無料だったしよォ~~~………。

だがなッッ…!!!!!!わからねぇ~~!!
使い方どころか、まず最初にどうしたらいいかすら

まーったくわからねーんだよォォ~~ッツ!!」



っていう方々のために、すごくわかりやすい解説をしていきたいと思います。



とりあえず、廻音シュウ単体ではどうすることもできません。

キャラ中のフォルダを覗いて「あーーいーーあーーうえーあ~~」とか言ってる音声を聴くことは

中の人がとても恥ずかしいので決してやってはならない行為です(>_<)




まずは、「UTAU」というツールが必要です。それではUTAUを用意しましょう。









1. UTAUをダウンロードしてくる



http://utau2008.web.fc2.com/



UTAUはこちらのサイト↑の「ダウンロード」というところからゲッツ出来ます。

最新版をダウンロードしてきましょう。



ダウンロード出来たら、解凍してインストールしましょう。





2. 廻音シュウをvoiceフォルダにぶちこむ



インストールしたUTAUフォルダの中に、「voice」というフォルダがありますね?

そこに、廻音シュウを貼り付けます。ちゃんと、解凍した状態で入れてくださいね。



こんなふうになりましたか?










3. Lyric Diphonizerをインストールする




https://app.box.com/shared/ouqfa3sm0v




次に、こちらのURL↑から、「Lyric Diphonizer」をダウンロードしてきます。

そして、解凍した中身をUTAUフォルダの中にある「plugins」に貼り付けます。



こんなふうになりましたか?










4. UTAUを起動する



「utau.exe」から、UTAU本体を起動します。

そして左上にある「デフォルト」の部分をクリック。







すると「プロジェクトの設定」が開きます。

その中の「原音ファイルセット」の「▼」から「廻音シュウ」に変更します。








これで「OK」をクリックです。





5. とりあえず何か記入してみる



そしたらば、左上にある「Lyric」の欄に何か適当に言葉を入れてみましょう。

ポイントは全てひらがなで記入することです。



そして、ツールアイコンをエンピツマークに変更しておきます。








そしたら、こんな感じで空欄を埋めていきます。







大体、

G3前後だと話し言葉風のトーン、

G4前後だと歌声風のトーンになります。




この時点ではまだ声は再生されません。





6. 言葉を連続音表記に変換する



廻音シュウはVCV(連続音)という形式で作られています。

普通に五十音を記入しただけでは反応してくれないのです。

そこで、「連続音表記」に変換します。




記入した歌詞を全部選択します。

矢印アイコンで囲んでもいいし、windowsの場合だと「ctrl+A」で全選択が出来ます。



そして、

上にあるメニューの「ツール」→「プラグイン」→「歌詞を連続音にする」

手順で、歌詞を連続音に変換します。








すると、選択された歌詞が連続音表記に変換されます。

こんな感じ。










7. 再生してみる



これでやっとこさ声が聞ける準備が出来ました。

早速、上にある再生ボタン「
」をクリックしてみましょう!



どうですか?ちゃんとしゃべりましたか??




シャベッタアアアアアアアア!!



の感動が味わえましたか?

もし再生されない場合、もう一度歌詞を全部選択しなおしてください。

どこかをクリックしたせいで、選択が解除されているかもしれません。






8. 何か歌を歌わせてみる



ここまで来たらいよいよ歌って欲しいですよね?

でも自分で音階を打っていって曲にするなんて無理だ…。

と、落ち込むのは早いですよ!

UTAUには「ust」という形式の楽譜を読み込むことで

自動で歌を書き出してくれる便利機能があります。



ustは、「ボカロ ust」とか「UTAU ust」とか「曲名 ust」で検索すると

製作者の方々が配布しているのを見つけることができます。

もちろんustが存在しない曲も多数あります。



今回はこちらのサイトで配布されているustを使った例を紹介します




https://sites.google.com/site/utauust/



それでは「ブラック★ロックシューター」を歌わせてみたいと思います。

曲のustをダウンロードして解凍したら、ダブルクリックします。

すると、UTAUが起動し、曲を読み込んでくれます。




その前にプロジェクトの設定が開きますので、その設定を変更します。







赤で囲っているところを、上で説明したように廻音シュウに変更。

そして、青で囲っているところを「resampler.exe」に変更します。








このように読み込んでくれましたね。







しかし、このように「」がついてる状態ではその部分はちゃんと再生されません。







」が付いている歌詞を選んで右クリックし、「エンベロープ」を選択します。







そして、「正規化」を選択。







また、息継ぎ(ブレス)はb1、b2、b3、b4、b5、b6のどれか一つを記入することで

計6種類発声させることが出来ます。



ひと通りこの作業をしたあと、また歌詞を「ctrl + A」などで全て選択し、

ツール→プラグイン→歌詞を連続音にする を実行します。



それから右上にある「P2P3」か「P1P4」のどちらかのアイコンをクリック。








これで、また再生ボタンをクリックで歌ってくれますが、

気になる箇所は自分で修正してみましょう。






9. WAVファイルに書き出す



全てを選択した状態のまま、

上のメニューにある「プロジェクト」→「wavファイルを生成」をクリックします。








あとは書き出されたwavとカラオケを合わせれば、出来上がります。

曲と合わせるのはUTAU以外のツールを使用しますので

ここでは説明しません。



「utau オケ 合わせ方」などで検索すればすぐわかります!



またここでの解説は全て、原音設定をしてくださったCaparo Ululaさんから

僕が教わったことをまとめただけでして、僕自身もUTAUはガチ素人ですので



これ以上のことを質問されても一切お答え出来ません!





ということで、あとの気になることは自分で勉強しましょう!



こちらのサイトが参考になるかもしれませんので、どうぞ。



http://www20.atwiki.jp/utaou/pages/1.html





10. あとは楽しむんだ!!!



はい、そういうことです。

どうぞお楽しみください!!!



アデュー



twitter_lg.png

| TOP |


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。